花粉症や鼻炎対策について(後鼻神経切断術の体験談)

こんにちは。

AZAR(アザール)です

春や秋に鼻炎に悩まされている方も多いのではないでしょうか。

私も子供のころから重度の鼻炎に悩まされていました。

ネットで検索し、重度の鼻炎患者対象の「後鼻神経切断手術」を受けたので体験談を書きます。
(*個人の感想です。手術の効果等は個人差があると思いますので参考までに。)

 

手術を受けるまで

ネットで手術を行っている病院を調べ、予約しました。

診察を受け、重度の鼻炎であることを確認し、手術を希望することを告げましたが、まずは点鼻薬で様子を見ることになりました。

月に一回3か月ほど通院しましたが、点鼻薬による治療では、あまり効果がでませんでした。

その後検査を受け、手術をすることが決まりました。

手術は一泊二日

手術は全身麻酔です。

手術室に入って麻酔のマスクをつけると、一瞬で意識がなくなりました。

手術の時間は1時間~2時間くらい。麻酔は3時間くらいで覚めました。

麻酔から覚めた時、痛みは少しありましたが、痛みよりもだるさや苦しさが辛かったです。

一泊して帰宅しました。

つらいのは術後一週間

手術後3日目から仕事にいきましたが、一週間は本当に苦しかったです。

特に、鼻に大量のガーゼ(タンポン)を入れられているため、全く鼻で息ができず、だるさや苦しさで夜も眠れませんでした。

マスクをしながら、口呼吸で何とか仕事をこなしました。

一週間後~

手術から一週間後に病院でタンポンを取り除きます。次から次へとガーゼが取り出され、自分の鼻のなかにこんなに大量のガーゼが入っていたのかと驚きました。その数なんと12枚。

10日後に出血がありました。自分でティッシュペーパーを詰めていたら止まりました。

2週おきに通院し、経過観察をします。術後一ヶ月くらいは鼻の中の腫れを感じ、不安になりましたが、手術から時間がたつにつれ、鼻の状態も安定してきました。

手術のメリット・デメリット

メリット

鼻水の量が劇的に減りました。以前は、春や秋は出かける際は必ずティッシュを持っていましたが、その必要もなくなりました。
鼻水がでないように薬を飲むこともほとんどなくなりました。

デメリット

ただし、鼻づまりはあまり良くなりませんでした。
片方の鼻が交代で完全に詰まる状況は、この手術では改善しませんでした。

また、風邪を引いた時など、体調が悪い時は、鼻の腫れを手術前よりも強く感じる気がします。

費用

支払った費用は総額30万円ほど。

高額療養費が適用されたので、20万円ほど戻ってきて、実質負担は約10万円でした。

まとめ

結果としては、手術を受けてよかったと思います。

もちろん完治はしませんし、時間やお金は多少かかりますが、手術前より少しでも状況がよくなったので、手術を受けて正解でした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました